« デイリー Mizuno3掲載 | トップページ | 動画ルンバウォーク(後退) »

2011年9月25日 (日)

漢字の読み方が!?

皆様の家のトイレにも何か飾ってあったり置いてあったりされている方も多いと思いますが・・・私の家のトイレには漢字一覧表と音訓読みの表が貼ってあります

小学校に通う我が子が初めての漢字習得への一環として、学校から配布された一覧表です。

Img101383390

口、目、日、出、月などなど・・・。

 その中であれっ!と思う漢字がありました。

一~十の漢字の十の訓読み、その中のの訓読みが(じゅう、じっ)となっていました。

えっ!  (じっ)と読むかな~ と気になってきましたのでさっそく調べてみますと・・・

規範的には「十本」は「じっぽん」と読むそうです。

ご存知だった方も多いと思いますが、他にも「十」がついて促音化する「十分」や「十回」、「十杯」などはそれぞれ「じっぷん」、「じっかい」、「じっぱい」などと読むのが規範的です。

しかし、実際にこれらが用いられているのを聞くと「じゅっぽん」、「じゅっかい」、「じゅっぱい」と発音されていることが多いと思います。中にはあらためて「十本」は「じっぽん」だと言われると、自分の普段の発音と比べて違和感を感じる人もいるかもしれません。

4755ba6f

これは「十」の発音の仕方が歴史を経て変わってきていることに起因していると考えられます。「十」はもともと「じふ」と読まれていました。

「じふ」は歴史的仮名遣いですが、これは「じふ」と書いて「じゅう」と読んでいたのではなく、当時は「じふ」と書いて実際に「じふ」(あるいは「じう」)と発音していました。

「十」の発音が「じふ」であった当初は「本」のようなものが後続して「っ」が現れると、「じふっぽん」ではなく「じっぽん」と「ふ」を落としていました。しかし、「十」が「じゅう」と発音されるようになると、「ゅ」を落とすことなく「じゅっぽん」と読むこともできるようになったと思われます。

このようにして、「十本」には古来の読み方が慣習として残った「じっぽん」と現代の音に合わせた「じゅっぽん」の2通りが見られると考えられます。

ただ初めて漢字を学ぶ子供には正しい読み方を教えていかなければいけません。

ダンスに限らず子供たちへの指導こそ正しく間違いのないものを伝えていかねばならないと、私もあらためて学ばさせて頂いた出来事でございました

人気ブログランキングへ

« デイリー Mizuno3掲載 | トップページ | 動画ルンバウォーク(後退) »

学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢字の読み方が!?:

« デイリー Mizuno3掲載 | トップページ | 動画ルンバウォーク(後退) »

リンク

  • ダンスサークル・ヌメロトレーズ   
  • AMOUR
  • アムール公式ホームページ    人気ブログランキングへ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ クリックのご協力お願いいたします 人気ブログランキングへ

出張レッスン

ブログパーツ

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想