« イギリスって | トップページ | 社交ダンスって LODについて »

2009年4月 2日 (木)

イギリスって

こんばんわ!babaです。今日はイギリスのアパートメント 

”フラット” についてお話しいたします

イギリスではキッチンやバスルームをシェアーしながら共同生活をする『フラットシェアー
』は学生だけではなく社会人の方々にも一般的な滞在スタイルです。

106a

Bed

日本では一般的でないシステムのため最初は慣れないですが、他国のフラットメイトやイギリス人大家とシェアーすることにより英語を話す機会が増え、異文化が学べ世界中の方とお友達になれる機会があります。

フラットシェアーの場合、基本的に光熱費がお家賃に含まれていることがほとんどですので経済的であり、また毎月の予算を計画的に立てられるというメリットがあります。

Kichun

ロンドンの生活に限らず、この"Accommadation(住まい)"というのは大変、注意と 慎重性が必要とされます。

なぜなら、異国で住むことすらストレスを感じるにもかかわらず、お家に戻っても、 一緒に生活する隣人がうるさくてゆっくりと一人の時間を楽しめないという事になる とますますストレスを感じるでしょうし、ホームシックにかかる可能性もあります。

また、それ以外にもこんなに悪い例が、この”住まい”には潜んでいます。
●一晩中、隣人が騒いで寝れない
●お風呂の湯が出ない、限られた時間しか使えない
●ラジエーター(部屋に取り付けられている暖房機)が暖かくない
●窓に隙間があって外からの風が入ってきて寒い
●冷蔵庫や食料庫の中の食べ物が無くなったり、使われている
●お部屋が汚い
●部屋に付けられている家具が壊れていて使えない
●TVライセンス(放送受信料)が支払われていない
●カウンシル税(住宅税)や電気、ガス、水道代は家賃と別になっている
●一般交通機関が家の近辺に無い
●実は危険なエリアだった
などなど

最初の2,3年はウインブルドンのフラットを借りていました

2階も隣の部屋も日本人の先生で安心していたのですが、

翌年

は隣の部屋を外国人が(僕たちのほうこそ外国人なのですが

借りていたのですが、

その外人たちのうるさいこと、うるさいこと

壁をけったり夜中になるとドンチャン騒ぎ

本当に我慢できないくらいひどかったので「すみませんが、

もう少し静かにしてくれませんか?眠れないので。」

と英語で話しましたら・・・・・・・・・・

いっこうに変わらないので   あきらめました

あるときはイギリス人の家族が隣人だったのですが、

3,4歳の女の子の姉妹

と仲良くなってよく遊びました。ある日「Ⅰ’m very Hungry!!」

というので どうぞ とお菓子をあげたら

 「More More Give Me

Please!!」 と 。

 可愛さにまけて あげたら 食べる 食べる 

ビスケットやチップス 2袋分くらい食べてしまいました

Amber

※画像サンプルdesu

これは夕食食べれないよな~ と思い その子たちの お母さんに

ごめんなさい、食べさせすぎちゃって と謝りに行くと

「It’s OK!  No Problem.」と全然大丈夫でした

よく天井を ゴソゴソ  と何かえたいの知れないものが走り抜ける音がします

これは一体  と思いましたが  正体は?????? 

リス  でした 


Photo_2


Photo_3

つづく

人気ブログランキングへ

« イギリスって | トップページ | 社交ダンスって LODについて »

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イギリスって:

« イギリスって | トップページ | 社交ダンスって LODについて »

リンク

  • ダンスサークル・ヌメロトレーズ   
  • AMOUR
  • アムール公式ホームページ    人気ブログランキングへ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ クリックのご協力お願いいたします 人気ブログランキングへ

出張レッスン

ブログパーツ

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想