« イギリスって フラット編 | トップページ | 社交だんすって »

2009年4月 8日 (水)

イギリスって フラット編

こんばんわ!babaです。

前回もショッキングな内容で失礼しました

フラットに住んでいて1番思い出すのは・・・・

部屋の壁についている白い鉄板です

Teatime15

わかりづらいかも知れませんが、内側の白いパネルです。

日本の家庭や学校では、寒くなるとストーブのスイッチを入れて、部屋や教室を暖めるというのが基本ですが、

イギリスでは、家や学校の隅々に、セントラルヒーティングと呼ばれる物が設置してあります。

そのセントラルヒーティングとは、厚さ10センチ程の白い鉄板みたいなもので、家のいたる所にあります

例えば、玄関に一つ、玄関からキッチンまでの廊下には、2メートルくらいのものが一つ、

キッチンの隅に一つ、リビングの壁には3メートルくらいのもの、

寝室には1メートルくらいのものが二つ、バスルームの壁にも一つ・・・と、数え出したらきりがないんですが、

こんな風に、イギリスの家には白い鉄板がいたる所に設置されています

この鉄板同士は白いパイプでつながれていて、

外にある特大湯沸かし機で沸かした熱湯がそのパイプを通り、

家中の鉄板めがけて流れ込むという仕掛けになっています

鉄板の中に熱湯が流れ込み、家中を暖めるというなんとも原始的なんだけど、

とっても心地よい暖かさで、ストーブでもなくファンヒーターでもないので、

においもないし、音もしません

白い鉄板は、もちろんとっても熱いんですが、火傷する程の熱さでもなく、タオルや濡れた

物をかけておくと、あっという間に乾くので、乾燥機の役目も担っていて、

イギリス人にとって、なくてはならないとても大切な物です。

質素堅実なイギリスらしい暖房器具で、光熱費も安くつくそうですよ

あとイギリスは蛍光灯は使わないので、ハロゲンか電球で

 日本ほど明るくはないのですが、心地よい暖色に照らされた部屋の感じは・・

とても落ち着きます。

Light_bulb

日本に帰って来てもしばらくは電球を替えて、TEAを楽しんだりして

イギリス感にひたっていました

つづく

人気ブログランキングへ

« イギリスって フラット編 | トップページ | 社交だんすって »

海外」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。
5日サークル対抗戦がありました。私はルンバ、5周年時のドレスを着ました。踊り終わりフロアーに戻ってくると仲間が寄ってきて、上手になったね、ルンバの雰囲気が出ていてよかったよと・・・(・∀・)ニヤニヤ
デモのおかげかな と 思っています。
今年のパティ-の日決まりましたね。
ルンバは卒業して今年は何をしようかな?
先生 アドバイスをお願いしますね。
今は時間がとれなくて行くことできませんが6月頃には行きたいと思っています。宜しくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イギリスって フラット編:

« イギリスって フラット編 | トップページ | 社交だんすって »

リンク

  • ダンスサークル・ヌメロトレーズ   
  • AMOUR
  • アムール公式ホームページ    人気ブログランキングへ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ クリックのご協力お願いいたします 人気ブログランキングへ

出張レッスン

ブログパーツ

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想